医療・健康Pick Up

他の記事を見る

命にかかわる危険も! 気をつけたいお風呂の事故

命にかかわる危険も!気をつけたいお風呂の事故

冬に多発! お風呂の事故は増加傾向に

寒い日には、お風呂にゆっくりつかりたいという人も多いでしょう。しかし、お風呂は事故の起きやすい場所でもあり、時には命にかかわることも。シャワーのみで済ませることの多い外国に比べ、浴槽で全身浴をする習慣がある日本では、不慮の溺死・溺水による死亡事故が多く発生しています。家庭の浴室での溺死者数は、平成29年には5,536人に上り、この13年間で約1.9倍に増加しています。そのうちの約9割が65歳以上で、高齢者は特にお風呂での事故に気をつける必要があります。

グラフ「図1.家庭の浴槽での溺死者数の推移」と「図2.平成29年 家庭の浴槽での溺死者数」

また、東京都23区における入浴中の事故死についての調査では、12月から2月にかけての冬季に事故が多く発生している傾向が見られます。

グラフ「図3.東京都23区における入浴中の事故死」

お風呂での事故は高齢者に多いとはいえ、子どもや働き盛り世代の成人も含め、あらゆる年代の人に起こり得るものです。事故の原因や、どのような状況で起こりやすいかを知り、できることから対策をしていきましょう。

Copyright © 2018 保健同人社 All Rights Reserved.