医療・健康Pick Up

他の記事を見る

ドライバーなら定期的な視野チェックを
気付きにくい緑内障のリスク

ドライバーなら定期的な視野チェックを 気付きにくい緑内障のリスク

緑内障は高齢者だけの病気ではない

日本人の失明原因で最も多い

緑内障は視神経の障害によって視野が狭くなる「視野狭窄」や、部分的にかすんで見えたり欠けて見えたりする「視野欠損」が起こる病気です。進行性のため、放置すれば見えない部分が徐々に広がっていきます。日本人の中途失明原因として最も多く、40歳以上の20人に1人が発症していると推定され、高齢になるほどその割合は高くなります。
緑内障の原因の1つが眼圧の上昇です。眼球内では、液状の房水が角膜の内側を循環して眼球に圧をかけ、眼球の張りを保っています。しかし、房水の生産と排出のバランスが崩れて過剰に滞留すると、眼圧が上がり、視神経を圧迫して視神経障害をきたす恐れがあります。
視神経の形状や強さには個人差があるため、正常の範囲内の眼圧であっても視神経が障害されてしまうことがあります。これは、「正常眼圧緑内障」とよばれていて、日本人の緑内障患者の7割を占めるといわれています。

「視神経乳頭陥凹拡大」とは

眼球の後方を覆う網膜には、網膜神経線維が張り巡らされており、集まって視神経乳頭となり、脳に向かいます。視神経乳頭は、内側中央に小さな凹み「視神経乳頭陥凹(かんおう)」があります。
網膜神経線維が障害されると、視神経が痩せていくので、相対的に、視神経乳頭陥凹が拡大したように見えます。人間ドックで眼底写真を撮影した結果「視神経乳頭陥凹拡大」と判定されるのは、このことを指し、眼科医療機関を受診して、詳しく検査を受ける必要があります。

なかなかできない早期発見

緑内障になっても、痛みはありません。また、人は両目でものを見るため、片方の目の視野が欠けていても、もう片方の目が欠けた部分を補填して、正常に見えているように感じられます。また、緑内障はゆっくり進行し、多くの人は中心視力が良好なため、徐々に視野が狭くなっていくことを、自分で気づくことはできません。
かなり視野が狭くなっても、自覚症状はなく、「視野が欠ける」「よく見えない」といった理由で自分から眼科を訪ねる人はごくわずかです。そのため、気づいた時にはかなり進行していることは珍しくありません。
緑内障発見のきっかけは、人間ドックやメガネ・コンタクトレンズ処方のための検査時などがほとんどです。運転免許の更新時には視力検査を行いますが、視力が規定以下の場合以外、視野検査は行われません()。早期発見には、自主的な検査が重要です。

70歳以上は免許更新時に高齢者講習で水平視野の計測があります。

Copyright © 2020 保健同人社 All Rights Reserved.