ただの暑気あたりではなーーい
熱中症にご用心!

2018年7月

記事ヘッダー画像:「熱中症」のイメージ写真

梅雨が明け、本格的な夏に移行する時季から気をつけたいのが「熱中症」。重症になると命にかかわることもあるので、あなどることは禁物です。熱中症が起こりやすい状況を知って、予防に努めましょう。

気をつけたいのはこんなとき

熱中症が起こりやすい環境的要因には「気温が高い」「湿度が高い」「風通しが悪い」「日差しが強い」などがあります。このような環境下では汗をかいても蒸発しづらく、体の放熱が難しくなるからです。熱中症が起こるのは炎天下の屋外とは限らず、風通しの悪い体育館や締め切った車中など、屋内で重症化する例が増えています。熱中症による死亡者数は増加傾向にあり、ただの暑気あたりとあなどることは非常に危険です。

熱中症のサインを見逃さない

熱中症になると、「めまい」「失神」「おう吐」「けいれん」「大量の発汗」などさまざまな症状が現れます。また、軽い症状が急変して「呼吸困難」や「意識混濁」など重い症状へ移行してしまうこともあります。熱中症の症状やサインが見られたら、涼しい場所へ移動し、衣服をゆるめ、体を冷やします。自力で水が飲めなかったり、意識がなかったりするときは、すぐに救急車を呼びましょう。

熱中症になりやすい人は?

熱中症のなりやすさには、「体型」「体調」「生活習慣」などがかかわっています。肥満の人は体脂肪が多いので、体内の熱が外に放散しにくくなります。寝不足や疲労などで体調が悪いときは、暑さに対する抵抗力が低下しているため、熱中症になりやすい状態といえます。日ごろあまり体を動かさない人は基礎体力が低く、暑さに対する抵抗力も弱いため、発症リスクが高くなります。

予防のためのポイント

第一に「暑さを避ける」こと。外出時には日傘や帽子を使用し、できるだけ日陰を歩きます。服装は、通気性がよく、吸汗・速乾性がある衣類を選びます。室内では扇風機やエアコンで室温を調節し、遮光カーテンやすだれなどを利用して直射日光を避けます。次に「こまめに水分補給をする」こと。軽い脱水症状のときはのどの渇きを感じないため、のどの渇きを感じる前に水分・塩分、経口補水液を取ることが肝要です。