「する」「観る」「楽しむ」
スポーツでリフレッシュ!

2018年9月

記事ヘッダー画像:「スポーツでリフレッシュ」のイメージ写真

暑い夏が去り、過ごしやすい秋の到来です。秋の涼しい気候と高い空は、屋外でのスポーツにも最適。日ごろから定期的にスポーツをしている人も、ちょっとご無沙汰という人も、この時期、スポーツで心身をリフレッシュしてみては。

2人に1人が週1回以上、スポーツを楽しんでいる

スポーツ庁の調査(平成29年度)によると、「週1日以上運動・スポーツを実施する成人の割合」は前年度の42.5%から大きく上昇し、51.5%でした。ちなみにスポーツ庁は65%を目標としています。運動実施率は、40代が最も低く、そこから高年齢層になるにつれて高くなる傾向があります。働き盛り世代は忙しく、スポーツをする時間がなかなかつくれないという事情がうかがえます。

みんなはどんなスポーツをしている?

前述の調査で、「過去1年間に行った運動・スポーツの種目」を聞いたところ、「ウォーキング」が57.0%と1位。次いで「階段昇降」(13.3%)、「トレーニング」(12.9%)、「体操」(12.4%)、「ランニング・マラソン・駅伝」(12.1%)の順となっています。特別な器械が不要で気軽にできる、毎日の生活に取り入れやすいスポーツが人気のようです。屋外で行うことで、季節の移り変わりを感じられるのも良い点ですね。

スポーツ・運動をすると、こんないいことが

スポーツをして体を動かすことのメリットは、体力増強や健康づくりにつながるだけではありません。スポーツや運動はストレス解消や気分転換に役立ち、メンタルヘルスにも良い影響を及ぼします。さらに、将来的な病気の予防にも役立ちます。メタボリックシンドロームに起因する生活習慣病はもちろん、ストレッチや筋力トレーニングにより身体機能を維持することで、フレイル(高齢になって心身の活力が低下した状態)やサルコペニア(筋肉量が減り、筋力が低下した状態)のリスクが低下する点も見逃せません。

スポーツを始めたい!と思ったら

早速スポーツを始めたい!と思った人におすすめなのが、手軽に始められるウォーキングです。ひと駅手前で下車してみる、昼休憩に遠くの店までランチに行く、などいつもより10分多く歩いてみませんか。また、スポーツは「観る」のが専門という人は、観戦タイムにひと工夫。たとえば自宅のテレビで観戦する際に、CM中は立つ・屈伸する、など体を動かす工夫をしましょう。毎日の生活の中で、楽しく体を動かす習慣をつけることが、心身の健康維持につながります。

スポーツ庁「平成29年度スポーツの実施率状況等に関する世論調査」